本文へ移動

宇目支部

ふれあい・いきいきサロン

 宇目支部は現在、16地区でふれあい・いきいきサロンを実施しています。
ふれあい・いきいきサロンでは、高齢者を対象に各地区の公民館で体操や運動、脳トレ、レクリエーションを行いながら、楽しい仲間づくり、介護予防に取り組んでいます。
日程や時間など興味のある方は下記までご連絡ください。
     ※写真は上津小野地区のサロンのようす

     〒879-3301
     大分県佐伯市宇目大字小野市3374-1
     電   話 :0972-39-6789
     FAX:0972-54-3482


 

春の交流会

 3月14日(日)に社協宇目デイサービスセンターにて、宇目支援ハウスの入居者の方々と介助ボランティアひまわりの会員さんが集まって「春の交流会」がありました。
 コロナウイルス感染症が懸念されるため、ひまわりの会員さんは、人数を制限して当日参加してくれました。
 支援ハウス入居者の方々と脳トレやお手玉遊び、風船バレー、体操、その後に会食を行いました。
 支援ハウス入居者より「脳トレが面白かった」、「風船バレーは楽しかった」、「いつもは一人でごはんを食べるけど、みなさんと食事が出来て今日は本当に嬉しかった、ありがとう」などの感想をいただきました★☆★


 

元気アップ事業「このゆびとまれ」⑧ 2021.3.9

「このゆびとまれ」最終回は、本部作業療法士の岩木さんとサロン支援員の松木さんに来ていただき、ボールを使った体操や体力測定、茶話会をしました。
 ボールを使った体操は、ボールをつぶしたり、引っ張ったり、投げたり、回したりすることができるので、筋力アップの効果、柔軟性アップの効果、認知症の予防の効果が期待できると言われています。みなさんに楽しみながら体操をしていました。
 また、参加者の方が手作りでよもぎ餅を作ってくれ、差し入れで持ってきてくれました。体操終了後に食べるよもぎ餅はとても美味しく皆さんに好評でした。
 あっという間の1年でしたが、来年度もみなさんに喜んでもらえるような「このゆびとまれ」にしていきたいと思います。


 

宇目地区公民館にて福祉体験 2021.2.20

宇目地区公民館にて宇目グリーンクラブの小学生を対象に福祉体験を実施しました。
「視覚障がいについて学ぼう!」という題で、点字器を使って点字体験や白杖体験をしました。
参加者より「視覚障がいについて学べて良かった」、「ユニバーサルデザインについて知ることが出来た」、「点字は面白かった」、「白杖を使って歩行することが難しかったが、良い勉強になった」と感想をいただきました。


 

元気アップ事業「このゆびとまれ」⑦ 2021.2.9

「このゆびとまれ」2クール目の7回目は、九州電力三重営業所の職員さんによるIHクッキング&寸劇、体操・風船バレーを実施しました。
寸劇はとても面白く、手を汚さずに簡単にできる豆腐ドーナツ作りは勉強になり、作り方をメモする人もいました☆彡
豆腐ドーナツの試食は外がカリッ、中がフワッとしてとても美味しかったです!(^^)!
体操や風船バレーは参加者の方々から「とても良い運動になった」と好評でした(*^-^*)

 

元気アップ事業「このゆびとまれ」⑥ 2021.1.26

「このゆびとまれ」2クール目の6回目は、ハンドグリップを使って手の運動、ポップコーンづくりをしました。
ハンドグリップで握力の強化に取り組みました。
ポップコーンは、キャラメル味と塩味と両方作りました★☆★
普段家でポップコーンを作らないので、とうもろこしがはじけるのを見て、みなさん驚いていました(#^^#)
参加者から「ポン菓子を思い出した」「懐かしい味がする」と好評でした。
 

宇目地区防災研修 2021.1.25

佐伯市宇目地区公民館にて、防災研修を実施しました。
当日は民生委員・児童委員、宇目つくし隊(住民によるボランティア団体)、宇目地区社協の役員方々が参加してくださいました。
大地震や豪雨などの自然現象は、人間の力ではくい止めることはできません。しかし、災害による被害は、私たちの日頃の備えによって減らすことが可能です。
「自分でできること」「家族でできること」などについて考え、いつ起こるかわからない災害に備えておくことの大切さを一緒に学ぶことができました。





 

福祉体験プログラムin 緑豊中学校 2021.1.14

緑豊中学校で福祉体験プログラムを実施しました。
「~佐伯市の高齢化率の現状と宇目地区の社会資源について~」という題で、中学1、2年生を対象にお話をしました。
現在、佐伯市の高齢化率は39.91%で人口の約10人に4人が65歳以上の方となっています。宇目地区の高齢化率は50%を超えており、高齢化率がとても高い地域です。いつまでも住み慣れた地域で生活していくために宇目にはたくさんのサービスや社会資源があることをお話ししました。
また、宇目緑豊中学生の生徒からデイサービスセンターを利用している方々に元気になってもらいたいと温かいメッセージと一緒にフラワーアレンジメントが贈られました。コロナ禍で生徒より直接渡すことは叶いませんでしたが、お花を受け取った、みなさんは笑顔で喜んでいました。



 

元気アップ事業「このゆびとまれ」⑤ 2021.1.12

「このゆびとまれ」2クール目の5回目は、新年会でぜんざいづくりや百人一首(ぼうずめくり)、拮抗体操をしました。
参加者のみなさんは、テキパキとぜんざいのお団子を作ってくれました。完成したぜんざいをみんなで食べ、「美味しい!!」と好評でした!!
鏡開きを自宅でしていない方もいましたので、みんなで食べることができて良かったです☆彡
「坊主めくり」は、百人一首の絵札をめくって、できるだけたくさんの札を手に入れる遊びのことですが、基本的に運100%で、最後まで何が起きるかわからないドキドキ感が楽しい遊びです。「坊主めくり」中は、笑いが絶えず、参加者の方が「こうして笑うことは良いことや」と言っていただき、大変盛り上がりました。
本日も、みなさんととても楽しい時間を過ごすことができました(*^-^*)


 

元気アップ事業「このゆびとまれ」④ 2020.12.22

「このゆびとまれ」2クール目の4回目は、クリスマス会をしました。
 最初にセラバンドを使った体操をしました。セラバンドはゴム製のバンドで、動かす部位を意識することで手や腕、足など、鍛えたい部位の筋力トレーニングが気軽に行え、運動初心者の方でも取り組みやすく、転倒予防にも効果的です(*^-^*)
クリスマスケーキを食べて、「ビンゴゲーム大会」・「じゃんけん大会」を行いました。
ケーキの横に添えてあるパイナップルと金柑の甘露煮は参加者の方から差し入れでいただきました。
今年も残り少なくなりましたが、みなさん良い年を迎えられますようにお祈り申し上げます☆彡

 

元気アップ事業「このゆびとまれ」③ 2020.12.8

「このゆびとまれ」2クール目の3回目は、檜垣良男さんに来ていただき、ノルディック・ウォーキングをしました。
ノルディックウォーキングは、2本のポール(ストック)を使って歩行運動を補助し、運動効果をより増強するフィットネスエクササイズの一種です。
 檜垣さんより、通常のウォーキングに比べ同じ時間の歩行で、よりたくさんの運動効果があるということやウォーキング用ポールを持つことにより、背筋がスーッと伸び、良い歩行姿勢をつくることができるということを指導していただきました。
 ノルディック・ウォーキングを行うことによって、歩幅が大きくなり、自然にスピードも上がり、筋肉に刺激が与えられ、筋トレ効果が期待できるとのことで、参加者のみなさんは頑張って取り組まれていました。
 参加者の方から焼き芋の差し入れがあり「ほくほくでとっても美味しい」とみなさんに好評で、運動前に栄養補給ができました★
次回12月22日(火)はクリスマス会を行う予定です(*^-^*)
 

元気アップ事業「このゆびとまれ」② 2020.11.24

「このゆびとまれ」2クール目の2回目は、笑いヨガ公認リーダーである五十川和子さんと、清家実子さんに来ていただき、みんなで笑いヨガをしました。
たくさん笑う人は認知症にもなりにくいと言われており、笑いは健康にも良い影響を与えてくれるそうです。
参加者の皆さんから「とても楽しかった」「参加して良かった」との声をいただくことができ、賑やかに2回目を終えることが出来ました。
また、参加者の方から手作りのショウガ糖の差し入れがあり、「上手につくっているわ」「美味しいからもっとちょうだい」など好評でした。
次回12月10日(火)は、ふれあいセンター宇目(宇目農村環境改善センター)で、「ノルディック・ウォーキング」を行う予定となっております。

元気アップ事業「このゆびとまれ」① 2020.11.10

「このゆびとまれ」2クール目の初回は、作業療法士の岩木さんに来ていただき、「体力測定」と「体操」をしていただきました。
自宅でも出来る肩甲骨を意識した体操や体力測定(握力・片足立ち・TUG)を行いました。
茶話会では皆さん盛り上がって話をされていて、とても賑やかに1回目が終了しました。
次回11月24日(火)は、ふれあいセンター宇目(宇目農村環境改善センター)で、「笑いヨガ」を行う予定となっております。

元気アップ事業「このゆびとまれ」⑥ 2020.9.29

「このゆびとまれ」最終回の第6回目は、作業療法士の伊東さんと岩木さんに来ていただき、「体力測定」と「元気の秘訣には何が大切かという講話」、「体操(人とつながるために)」をしていただきました。
体力測定は、握力・片足立ち・TUGを行いましたが、前回と比較して体力が向上している方もいれば、若干低下している方も見られました。参加者の中には、片足立ちのタイムが30秒以上伸びている方も数名いらっしゃいました。
作業療法士の伊東さんの講話の中で、元気の秘訣には、人との会話(つながり)が大切で、人を「支える」・人から「支えられる」関係が心を豊かにしてくれると学ぶことが出来ました。
また、茶話会では参加者の方から「栗のおはぎ」の差し入れもありました。手作りのおはぎは優しい味がして、みなさんに好評でした。
このゆびとまれの第2クール目は、11月から計8回の予定で実施します。
参加者の方々からは人気があり「次も参加するね」「11月が楽しみ」といったお声もいただいております。
 
 
 
 

元気アップ事業「このゆびとまれ」⑤ 2020.9.8

「このゆびとまれ」第5回目は、みんなで囲碁ボールをして楽しみました。
初めて囲碁ボールをするという方もいらっしゃいましたが、とても盛り上がりみなさん楽しい時間を過ごしました。
 

元気アップ事業「このゆびとまれ」④ 2020.8.25

「このゆびとまれ」第4回目は、自宅でもできる「かんたん体操」とお手玉、ビーチボールを使ったゲームをしました。
みなさん楽しみながらゲームに取り組まれていました☆彡

元気アップ事業「このゆびとまれ」③ 2020.8.4

「このゆびとまれ」第3回目は、自宅でもできる「めじろん体操」とかき氷をみんなでつくりました。
参加者の中には「かき氷を数年ぶりに食べた~」、「昔を思い出すなぁ」といったお声をいただきました。
色々なシロップをたくさんかけて混ぜて召し上がっていらっしゃる方もいましたよ(^^♪

元気アップ事業「このゆびとまれ」② 2020.7.28

「このゆびとまれ」第2回目は、ボールを使った体操とホットケーキ作りをしました。
みなさん楽しみながら上手にホットプレートで作っていました。参加者から「みんなで食べると美味しい」との声もいただきました。

令和2年度最初の元気アップ事業「このゆびとまれ」① 2020.7.7

「このゆびとまれ」第1回目は、体力測定(握力・片足立ち・TUG)や作業療法士岩木さんによる健康体操、お茶会をしました。
雨天ではありましたが、12名の方が参加してくれました。
実施前から、「このゆびとまれはいつあるの?」と問い合わせもいただいており、コロナウイルスの影響で遅くなりましたが、無事に第1回目を開催することができました。
楽しく一緒に健康・体力づくりをしましょう!
みなさまのご参加お待ちしております!

福祉体験プログラムを実施しました♪【宇目緑豊中学校】2020.1.30

1月30日に宇目緑豊中学校にて、福祉体験プログラムを実施しました。
当日は、社協宇目支部職員が高齢者福祉に関する講話を行い、緊急情報キットや高齢者訪問、サロン、
このゆびとまれなどについて実物を触ってもらったり、実際に見てもらったりしながら説明を行いました。
後半は、フローリスト匠屋さんを講師に高齢者福祉施設に贈るフラワーアレンジメント作品作りを行いました。
フラワーアレンジメントは、デイサービスセンター「うめ」に届けていただきましたきらきら
宇目地区も少子過疎化が進んでおり、ますます様々な場面で見守りや支援が必要になってきています。
そこで今回は『高齢者の方々への普段からの挨拶、通学時などの自然体の見守り』をお願いしました。
地域全体が見守り・見守られ、必要な人に必要な支援が行き届くよう、社協はこれからも尽力していきます。

『宇目地区防災講演会』を開催いたします✨

宇目支部では、9月26日(木)に『宇目地区防災講演会』を開催いたします点滅している星
今回は、防災活動等に関する事業を積極的に展開されている日田市のNPO法人リエラ 松永鎌矢氏を講師にお招きして行います。
防災・減災の方法を学んだり、実際に起きた事例を通して意見交換を行ったり、災害時の食事を実際に作って試食をしたり舌をだしたニンマリ顔スプーンとフォークとナイフ...と盛り沢山な内容となっています♪
 
また、こういった行事に参加したいけど移動方法がなくて…という方、安心して下さい!
なんと、当日はコミュニティバスの運賃が無料色とりどりのきらきらです!
講演会に来て、学んで、食べて、みんなで一緒に防災・減災を考えてみませんか?
申込みは9月12日(木)締切です!驚いた顔突風
沢山の申し込みお待ちしております♪
 

元気アップ体操教室「このゆびとまれ」に来てみませんか?

現在、宇目支部では元気アップ体操「このゆびとまれ上を指す人差し指(手のひらが手前)」の参加者を募集中です!
もちろん当日の見学も可能です!まずはご連絡ください口を広げてにっこりした顔きらきら

福祉体験プログラム事業を行いました!【宇目緑豊中学校】2019.1.31

佐伯市社協の担当者が講師となり、宇目地区で現在取り組んでいる『地域づくり大作戦』(宇目つくし隊として発足しています)を中学生に説明するとともに、宇目地区の”あったらいいな”って何だろう?自分ができることって?などを一緒に考えました。その後、フラワーアレンジメント作りを行い、佐伯市社協デイサービスセンターうめの利用者、支援ハウス入居者へ届けていただきました。
フラワーアレンジメントを受け取った方々は笑顔でとても嬉しそうに感謝を述べられていました。
中学生と一緒に地域づくりを行うことでより様々な視点から考えていくことができるため、今後も一緒に安心して暮らせる宇目地区を考えていけたらいいなと思っています。

元気アップ体操事業「このゆびとまれ」

宇目支部では、よりイキイキと、楽しく生活を送っていただけるよう、介護予防・認知症予防を目的とした元気アップ体操事業「このゆびとまれ」を開催しています。
宇目地区在住の高齢者の方を対象に2クールに分けて(月2回程度)行っており、ゲームやレクリエーション、話題のノルディック・ウォーキングにも取り組みながら身体的・精神的な元気アップ!を目指しています。
時には調理実習(おやつ作り)を通して、参加者同士の交流も図っていますよ♪
あなたも「このゆびとまれ」に来て、友達づくり、健康づくりをしてみませんか?

地域支援組織「宇目つくし隊」が発足しました

平成30度より宇目地区では、誰もが安心して生活できる地域づくりを目指し、「宇目つくし隊」が発足しました。
現在は、具体的な取り組みを検討するため、「お困り事の聞き取り調査」を行っています。
宇目地区に在住の方で、「足腰が痛くて、ゴミ出しが難しい」「気軽に話ができる居場所がほしい」等、困っている事・してほしい取り組みなどありましたら、お気軽に事務局(佐伯市社協宇目支部 ☎39-6789)までご連絡ください!

社協の「コインランドリー」をご利用ください

宇目支部では、コインランドリーの運営・管理を行っています。(小野市・重岡の2カ所)
定期的に清掃を行い、故障時にも対応を図っています。
社協の取り組みの紹介・宇目地区の行事の案内を行ったり、洗濯代行支援サービス(大物の洗濯物のみ)を行ったりと、“地域に根づいた”コインランドリーの運営に努めています
ランドリー重岡
ランドリー小野市
 

宇目支部の地図

□宇目支部 〒879-3301 佐伯市宇目大字小野市3374-1

☎0972-39-6789

社会福祉法人佐伯市社会福祉協議会
〒876-0823
大分県佐伯市7255番地13
TEL.0972-24-2956
FAX.0972-22-9031
0
7
8
0
7
1
TOPへ戻る